夏 冬 スキンケア

MENU

春から夏のスキンケア重要ポイント

寒い季節を過ぎて春になると、花粉やほこりなど肌にとっては外的な要因で荒れやすい季節になります。

 

新生活が始まり、精神的にもストレスを抱えやすい春は、四季の中でも一番トラブルが起こりやすいシーズンです。

 

花粉症などでアレルギーにも敏感になりますので、それまで普通に使えていた化粧品やスキンケア用品であっても、何らかの不調を感じることもありますので注意が必要です。

 

春の肌には水分補給が重要です。角質層から水分が蒸発してしまうことを防いで、水分量を適切に保てるよう、化粧水などで補うようにすることです。

 

それにはセラミドやヒアルロン酸といった成分が有効とされています。

 

夏に一番大切なのは紫外線対策です。紫外線から受ける肌ダメージはとても大きいものですので、日中はきちんと日焼け止めを塗ることが必須です。

 

夜は日中に受けたダメージを癒し、シミやそばかすを作らないように、美白効果のあるビタミンCなどが含まれたスキンケア用品でフォローすることが大切です。

秋から冬のスキンケア重要ポイント

夏から秋になると、気温と湿度に大きな変化が出てくるため、特に乾燥を意識したスキンケアが必要になります。

 

空気が乾燥することで、肌のバリア機能が弱くなっていきますので、乾燥から守るために油分の多いクリームを用いて、肌表面を守ることが大切です。

 

そして冬は外気温も低くなり、乾燥と合わせて肌には大きな負担になります。

 

皮脂膜が上手く形成されなくなってしまい、潤いのなくなった口周りや目元の皮膚が粉を吹いてしまったり、ちょっとした刺激にも敏感になって痒みを覚えることもしばしばあります。

 

冬場のスキンケアはとにかく保湿と油分を補うことです。乾燥が気になったら、定期的に保湿をするように心がけることが大切です。室内にいる時も暖房器具などの使用で空気が乾燥してしまいます。

 

加湿器で湿度を調節することで、肌の負担を減らすことが可能です。

 

冬場の乾燥はとても厄介なので、化粧水や乳液で水分と油分を補っても痒みを伴ったり肌状態が改善しない場合には、皮膚科の受診を考慮した方が賢明です。